キャリパーピストン清掃

ブレーキキャリパーのピストン部もダストのたまりやすい部分です。

汚れたまま長期にわたり放置してしまうと制動力への影響はもちろんですが、シールやピストン自体を傷めてしまう可能性もありますので、5万km程度を目安に定期的なメンテナンスを行うことを推奨します。

一覧にもどる

他のメニュー

ボディ系リフレッシュ 足回り系リフレッシュ エンジン系リフレッシュ
おすすめセットメニュー こだわりのカスタムメニュー リフレッシュTOPへ
ページトップへ