エンジン内部消耗品の交換・調整

ラジエターホースを始めゴム部品の劣化は少しずつクーラントが漏れたりと、気が付かないうちに症状が悪化し、時には走行不能になる事もあります。

10万kmを目安に点検を行い、劣化や磨耗がある場合には早めに交換することをお薦めします。

一覧にもどる

他のメニュー

ボディ系リフレッシュ 足回り系リフレッシュ エンジン系リフレッシュ
おすすめセットメニュー こだわりのカスタムメニュー リフレッシュTOPへ
ページトップへ